Home>(生活情報化研究会)研究会の概要

生活情報化研究会とは

sample

 産業分野において様々な変化や影響をもたらしてきた情報化は、情報機器(パソコン等)、 携帯電話の世帯普及、インターネットの拡大、情報通信インフラ(光ファイバー網、CATV網、無線通信網等) の整備などを背景に、21世紀の生活を飲み込もうとしています。高齢化、少子化と並ぶ情報化という大きな社会変化が、 私たちの生活と無関係であろうはずがありません。
 このような状況に中で生活情報化研究会は、情報化をキーワードに「生活」を考える研究会として、1997年10月に 日本生活学会(http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsl/)に設立されました。
<参考>研究会設立時の普及状況
    1997年3月時点:世帯普及率 パソコン 22.1% インターネット 3.3%
    1997年10月時点:携帯電話+PHS 3394万4518台(人口普及率27.2%)
    1997年 インターネット人口571万8000人(人口普及率4.6%)

誰でも無料で参加できます

ロゴ

研究会の目的
生活情報化研究の成果、知識、人的ネットワークの共有を目的としています。
活動内容
年3〜4回の頻度でセミナーを開催します。会として組織だった研究活動を行う予定はありませんが、この会を利用して個別に研究グループが生まれることは歓迎いたします。
参加資格
生活情報化に興味・関心を持つ方であれば、誰でも参加できます。日本生活学会の研究会ですが、学会の会員であることを条件にはしていません。ご連絡いただければ開催案内をお送りいたします。
参加費用
すべて無料です。生活情報化研究会には入会費、年会費はありません。当研究会の運営費用は事務局が負担しています。

事務局

株式会社 情報文化総合研究所
223-0058 神奈川県横浜市港北区新吉田東5-52-14
e-mail: icit.sato@nifty.com Tel: 045-544-2189 Fax: 045-544-2134
URL http://www.icit.jp/

ページトップへ
Copyright (C)2009 Institute of Culture and Information Technology, Inc. All Rights Reserved.