Home>(生活情報化研究会)次回の開催

「ますます拡大するWi-Fiの現状とこれから〜IoT,4K・8Kまで広がる活用領域〜」

sample

日 時  2016年6月13日(月)10:30-12:00
テーマ  「ますます拡大するWi-Fiの現状とこれから〜IoT,4K・8Kまで広がる活用領域〜」
講 師  小林忠男 NTTブロードバンドプラットフォーム株式会社 顧問
概 要  3年前にはあまり耳にしたことがなかったWi-Fiという言葉を最近はよく耳にするようになりました。家や会社だけでなく駅・空港・コンビニ・ホテル等Wi-Fiを使うことのできる公衆スポットが急激に増えたくさんの日本人、外国人がWi-Fiを使っています。今、何故、Wi-Fiなのでしょうか。Wi-Fiとケータイのそれぞれの特徴と実際Wi-Fiはどのように使われているかを説明するとともに、IoT時代にも活躍が期待されているWi-Fiの可能性とその課題についてもご説明します。

講師プロフィール:小林 忠男(KOBAYASHI, Tadao)

小林忠男

1949年7月19日生れ。1973年3月、早稲田大学理工学部電気通信学科卒業、同年4月、電電公社(現NTT)に入社。以来40年以上にわたって無線システムの開発・実用化に従事するとともに、1990年からはPHS(パーソナル・ハンディ・ホン)の開発と事業化にプロジェクト発足とともにリーダーとして参加し、1995年から98年までNTTパーソナル中央の取締役経営企画部長、2000年からは無線LANの開発・事業化に取組み2002年から12年間、NTTブロードバンドプラットフォームの代表取締役社長を勤めスマフォ普及の追い風もあり全国主要スポットに共用基地局を構築。2012年6月にNTTBP相談役・顧問に就任するとともに、現在、キャリア、メーカー、SIer、建設会社、学術団体、自治体等110を超える会員からなる無線LANビジネス推進連絡会の会長及び観光立国・地方創生・東京オリンピック2020へ向けた総務省と観光庁共管の無料公衆無線LAN整備促進協議会の議長を務める。又、総務省の地域情報化アドバイザーも務める。

ご案内

参加費    無料
場 所    大阪経済法科大学 東京麻布台セミナーハウス 4F中研修室
       106-0041 東京都港区麻布台1-11-5 地図
       東京メトロ日比谷線神谷町駅徒歩3分
定 員    40人
締 切    2016年6月12日(日)18:00
申込方法   メール、FAXまたは郵便にて、所属・氏名・役職・連絡先をお知らせ下さい。
       ホームページから申込むこともできます。
申込み先   e-mail: icit.sato@nifty.com  FAX: 045-544-2134
       223-0058 神奈川県横浜市港北区新吉田東5-52-14 (株)情報文化総合研究所
備 考    定員オーバーのためお受けできなかった方には、連絡を差し上げます。

ページトップへ
Copyright (C) Institute of Culture and Information Technology, Inc. All Rights Reserved.